状況別ストーリーD – KAIGAN

彼らがMA(マーケティングオートメーション)KAIGANに出会うと、どうなるか!? その一部始終をご覧あれ

MAは最近知ったのでよく分かっていないが気合と根性の昭和な営業スタイルには危機感を持っている

〇〇株式会社 営業部 今生 大地

鈴木くんは気合が入っていた!
苦悩のテレアポから獲得できたアポ!
何とか契約にこぎつけたい。
気合が溢れ出た表情だ。

しかし、驚愕の事実。見込客の期待値は低い。
そりゃそうだ。突然のアポ依頼は歓迎されるものではない。

え、片道46分かかったのに、
何のために、俺は来たんだ?

とりあえず、検討するって
言っておけばいいでしょ。

あ・・・会社に戻りたくない・・
戻ったら、また地獄のような
テレアポが待っている

会社に戻ると


上司が満面の笑みでお出迎え!「KAIGAN」を導入した、と。

KAIGANを導入すれば、
見込客のメール開封状況、サイトへの移行状況、サイト内閲覧状況が全て可視化される。
それら見込客が取るウェブ上の行動状況をトラッキングし、
(自動追客)自動的に興味度合いの点数(スコアリング)を付与する。
上司いわく、もう無駄な訪問営業、飛込み営業はしなくてよいぜ!ということだ。

補足

未だに、白地のリストの上から下に、ひたすらテレアポを行っている営業部隊も少なくありません。
受付でガチャ切りされる。繋がっても、冷たくあしらわれる。
100件かけて、1~2件アポイントが取れれば御の字。
しかし、そのアポに行ってみると、箸にも棒にもかからず。

誰が好き好んで、この営業スタイルを取入れますか。
みな、気づいています。誰も言い出さないだけです。
「この営業手法、無駄ではないですか??」と。

電話という手法は、否定しません。
ただ、見込客が受け入れてくれる、興味があると分かっている状態で電話をすべきです。
そうすれば、その電話は歓迎されます。

どうやって?
それを実現するのが、MA(マーケティングオートメーション)KAIGANです。

まず、MAとな何か?今までの営業がどう変わるのか?KAIGANの説明云々の前に、
下記資料にて、ぜひ、MA(マーケティングオートメーション)の威力を感じてください。

ダウンロードお役立ち資料

他のシチュエーションを見る