状況別ストーリーC – KAIGAN

彼らがMA(マーケティングオートメーション)KAIGANに出会うと、どうなるか!? その一部始終をご覧あれ

MAツール導入を検討
しているが
最終どれにしようか
迷っている

〇〇株式会社 営業企画部 近藤 祥太

会社の方針で、営業をデジタル化、効率化せよ!と決まった。

MA(マーケティングオートメーション)ツールの導入が最有力となり、
社内提案書を作成するように言われた近藤くん。

一生懸命、調べるも、価格は問い合わせないと教えてくれないし、
その場で教えてくれず「一度伺わせてください」とアポ依頼される始末。

おいおい、MA会社のくせに、営業アナログだな、と突っ込みたくなる近藤くん。

調べれば調べるほど、よく分からなくなる、
近藤くん。

更に、MAツールを導入した後に、
シナリオ設定、コンテンツ作成、システム設定という難易度の高い仕事が待ち受けていることを知り、

驚嘆し、MAツール導入に尻込みし始めていた。

タクセル社の開発提供するMAツール-KAIGAN-はツール利用料無料。

初期設定、シナリオ設計、コンテンツ作成、システム設定といった難易度の高い導入運用業務を丸ごと請負う
MPO(マーケティング・プロセス・アウトソーシング)事業を展開している。

しかも、代行するMAツールは他社MAツールでもOKだという。

さらに、自社内にMAを運用できる人材が育つように内製化のトレーニングもしてくれるという手厚さ。

近藤くんは、中塚先輩に、早く教えてくれなかったことに噛みつくも・・・内心は、心底救われた気持ちでいっぱいだった。

補足

そもそも、MA(マーケティングオートメーション)とは何か?どんな機能があるのか?
と言った基本的なことが、実は誰にも言えないけど、よく分かっていない人も多いです。

さらに、MAベンダー各社は、価格を要問合にしている会社も多く、
ツールの比較をするためのリサーチコスト(時間、労力、費用)が多大に発生します。

下記、MAツールを導入検討されている方々にお役に立つ資料を用意していますので、
ぜひ、ご活用ください。タクセルのKAIGANを導入するしないに関わらず役立つとお約束します。

ダウンロードお役立ち資料

他のシチュエーションを見る