状況別ストーリーA – KAIGAN

彼らがMA(マーケティングオートメーション)KAIGANに出会うと、どうなるか!? その一部始終をご覧あれ

数百万円払って
他社MAツールを導入したが
成果報告が上がってこない

〇〇株式会社 役員 倉田次郎

社長の、倉田は苛立っていた。
初期費用で180万円、月額32万円支払っているMAツールの成果報告が導入後半年経っても
上がってきていないのだ。。。

部長の杉浦は内心焦った・・・
このままだと俺の評価が下がる

部下が、現場が使えていないんだ。
俺は悪くない・・・・

杉浦は、部下たち(現場)に、
MAツール、お前ら使っているのか!!??
と問いただすつもりが・・・・

逆に問いただされた。

こんな難しいツール俺たちが使えるか!!
使わせたいなら、シナリオ設計とかコンテンツ作成とか、部長ディレクションしてくださいよ!!!と。

な、なんだって・・・!?
MAの運用をワンストップで代行
してくれる会社があるのか・・・
知らなかった

社長の倉田への報告は来月。。。

部長の杉浦の出世もかかっている
今すぐ問い合わせるべきだ!!

お電話有難うございます。タクセルの上原です。

補足

MAツール導入の意志決定者と、実際に行う現場担当者が異なる会社が多いです。
本来、現場担当者のセールス/マーケティング業務が効率化され成果が見えるので、
仕事が楽しくなるはずですが、
現状は、『余計な仕事が増えた』とMAツールに反感を現場が覚えてしまうケースが散見します。

MAって聞くと、マーケティング+オートメーションで横文字横文字、最先端っぽく聞こえて、
自分達には縁遠いと思ってしまいがちな現場担当者の方が多いですが、
改めて、MAで出来ること、MAはどんな人に役立つのかを理解してもらえれば、
自分達にとって大きな味方であると深く認識できるはずです。

下記、資料によって、改めてMAとは何か?MA活用のために必要なことは何か?など
MA(マーケティングオートメーション)に必要な基礎と実践ナレッジをインプットしてみてください。
巷に溢れている、ネットにどの会社も同じような事が書いている中で、タクセルが独自で培ってきた
MAのノウハウに触れて頂ければ、価値観が変革するとお約束できます。

ダウンロードお役立ち資料

他のシチュエーションを見る