タクセルの働き方・ビジョンを世に広めていくためにやりたいこと

あなたにとっての”大切なものを大切にできる働き方を”
タクセルメンバーに”大切なもの”を聞いちゃおうシリーズ Vol.008

取締役 宮澤 惇(みやざわ じゅん)

大学卒業後、自動車販売を手がける家業を継ぐためみずほ銀行に就職。 その後、家業を自動車メーカーに譲渡したことを契機に、働くことについて考え直す。 ずっと銀行で安定的に人生を過ごす選択肢もあったが、「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」を読み、見かけだけではない、本質的なキャリアを築くべく、タクセルに参画。 宮澤商事株式会社 代表取締役も兼務。

タクセル第二創業時代を過ごして

第二創業当時のことを教えて下さい
亮大さんとやすさんと3人でタクセルの第二創業が始まったんですが、当時やすさんは副業のような形での参画だったので、実質は亮大さんと二人でのスタートでした。

やすさんは福岡でリモートワークでの参画で画面越しにしか会ったこと無く、亮大さんとは当時はで週2回しか会わないという状況です。

もともと5万人の大企業に勤めていた私が、マニュアルもプロダクト(MAツール「KAIGAN」)も固まっていないようなタクセルに入社したのは亮大さんの人柄です。

私ももともと3ヶ月の契約で、それ以降は独立するつもりだったんですが、契約終了月に当たる3ヶ月目の頃にIPOを目指すと亮大さんが言うようになりました。

そこで『お前はどうする?』と聞かれたんですが、この営業力は他では学ぶことが出来ないなと思ったことと、IPOを目指している企業はたくさんある中で、足元がしっかりしていてかつ上場を目指せるモデルを作り出せる理想の経営者はなかなかいません。

今独立して自分でやるよりも学びが多いだろうと感じていたこともあり「お供しますよ」と自然に言っていました。2年、3年、長くて4年やろうと決めました。

その3ヶ月は亮大さんのかばん持ちをやっていました。亮大さんが人気者でいろんな企業に引っ張りだこだったので、私も同席して毎日議事録を3社ほど作成すると言う毎日でした。この3ヶ月だけでも前職時代の金融とマーケティング2つの視点を持てるようになったことは私の中での大きな成長です。

IPOへの挑戦を決めたこと

そして4ヶ月目になるとある日いきなり資金調達をすると言い出すようになったんですね。でももっと面白くしてやろうと思って、私が代表を務める宮澤商事からも出資しましょうと言いました。ここでタクセルと私、私が経営する宮澤商事は一蓮托生となったわけです。

資金調達も進み、4月頃から本格的に仲間もどんどん増えていき、オフィス移転など環境が激変していく中、4月末に取締役就任をしました。

前職から今までずっと後輩の立場、職場で一番年下で甘えられる環境だったが、そうは行かないと考えるようになりましたが、実際はまだ3ヶ月しか取締役をしてない上に、短い時間に色々ありすぎて、よくわかっていない部分もあります(笑)

また、弊社の営業マンは優秀すぎるので、ありがたいことに案件がありすぎて、仕事に溢れて困ってます。だからタクセルは常に人材を求めます。

タクセルは理念に共感してくれる人を求めています

Q.タクセルのいいところはどんなところですか?
タクセルのいいとろは、明日が予想できないということです。社長も変化し続けています。ビジョン(大切なことを大切にできる働き方を、誰でも)は全くブレずに様々なことにチャレンジできる環境です。

タクセルにぴったりなのは、変化を恐れない人、セールスを身に付けたい人、将来的に起業したい人、働くこととプライベートを両立させたい欲張りな人です。

私の場合、4年後に独立するというビジョンは変わっていないので、当然自分の将来のために遅くまで働いています。

9:00~17:00で帰りたいと言う人も当然いると思いますが、このような人にもキャリアアップのための道があります。タクセルは「働き方を選べる」ところがいいところです。

タクセルの働き方を広めていくことが使命

Q.タクセルで何を達成したいと考えていますか?
2年でタクセルを上場させたい、この働き方、働きやすさを世に広めていきたいです。タクセルが大きくなるということは大切なことを大切にできる人が増えるということです。その中でタクセルに対してどう貢献できるのか、模索していきたいと思っています。
プライベートは息子が元気で大きくなってくれることが望み、あとは家族が平和で健康であること、これ以上は求みません。

タクセルのスタッフへ一言

心からの感謝しかないです。亮大さん、やすさんと3人でやっていた頃は忙殺されているだけの毎日だったけれど、みんなが来てくれたから、将来のことを考えながら事業がどんどん大きくなっていっています。毎日楽しくやれています。これからもよろしくお願いします。一緒にタクセルの働き方を広めていきましょう。

求職者・タクセルに少しでも興味を持ってくださった方へ

タクセルの理念に共感してくれる人はぜひ一緒に働きましょう。タクセルにぴったりなのは、変化を恐れない人、セールスを身に付けたい人、将来的に起業したい人、働くとプライベートを完全に両立させたい欲張りな人にはぴったりです。

スタートアップのこのタイミングの田中亮大という社長とこのタイミングで働けるということは非常に幸運です。銀行員時代に数百の経営者と会って来ましたがピカイチだと心から思っています。そういった社長の魅力・人柄をぜひ見て、価値を感じるような人はぜひ仲間になってください。

タクセルには、ユニークな制度がいくつかありますので、そのうちまたご紹介しますね!

・リモート採用制度(都内でなく地方でもリモート社員として採用。実際、既に何名かリモート社員がいます)
・サボり手当(堂々と申請してサボりましょう!)
・当日有給制度 (多くの会社で有休は1週間前申請のルール付け。子どもの急な発熱など当日しか分からないことも多いのでタクセルは当日でも有休申請OK)
・ジム手当(月5000円まで)
・知識手当(書籍・セミナー代・会食代支給)
・ファーストネーム制度(苗字で呼ばれたい人はNG)
・オリジナル自己紹介制度(フレームワークをタクセルが用意します。履歴書や職務経歴書では把握できないあなたのことを教えてください。)
・独立支援制度(3~5年後の独立を視野に入れて)
・出戻り制度(いつでも職場復帰してください)
・転職支援制度(代表自ら推薦文を書きます)
・誕生日・命日手当(本人、本人の家族・従業員のご両親へ感謝の言葉を手紙で書くことが条件です)

タクセルでは、現在あらゆるポジションで募集があります。セールス、インサイドセールススタッフ、コンサルタント、マーケティング、MAプランナー、プログラマー、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、大募集しています。IPOを目指している、IPOを目指すようなチャレンジングな企業で働きたいと思ったあなた、一度オフィスに遊びに来ませんか。いつでもお待ちしています。

タクセル株式会社
代表取締役 田中亮大
<事業内容>
MA(マーケティングオートメーション)ツール「KAIGAN」開発、運用
・MAツール運用代行
・インサイドセールス導入支援
・リモートワーク、地方創生、働き方改革普及活動

大切なものを大切にできる働き方を
一緒に広めませんか?

タクセル株式会社では共に働く仲間を絶賛募集中です!下記よりお気軽にご応募ください。

タクセル株式会社 採用情報