日本で唯一?月6時間までサボり可能な制度を導入しました!

福利厚生に力を入れなければ企業に人は集まらない

人手不足が叫ばれる昨今、企業の将来を担う学生たち(もちろん社会人も)は福利厚生について非常に注目しています。

ある大手就職活動サイトが行ったアンケートによると、76%もの学生が「企業選びで”福利厚生などの制度”を重要視している」と答えています。具体的には以下のようなものに注目が集まっています。

・有給休暇の消化率消化できるか?連続休暇がどれくらいとれるか?残業代は出るか?
・重視するのは仕事内容だが、オンとオフを切り替えて集中するために十分な休暇が必要
・従業員をどれだけ大切にしているのかという指標となる
・制度が整っていても実際に使える「雰囲気」かどうかが重要
・育児面でのサポート、ダイバーシティの寛容さ、男性の育児休暇をどう捉えているか

安心して働けるのか、しっかり休暇は取れるのか、改めて企業の規模に関わらず、しっかりと従業員をいかに大切にしているかを重視しない企業は人材の確保に苦労することになるでしょう。

そんな中、弊社タクセル株式会社でも少し?ユニークな福利厚生がありますので、ご紹介します。

その名も…

堂々と申請してサボりましょう!「サボり制度」



まずは以下のやりとりをご覧ください。





對馬:明日の9〜12時サボりたいです!笑(ここで言えばOKですかね?!)

田中:13時くらいでいいよー(^-^)/

對馬:(゚∀゚)!13時くらいに出社します



普通の会社ではまず見ないやりとり。これは弊社の従業員と代表の田中のチャット内容です。他にも…



秋山:明日、午後さぼり制度使用したいです!

田中:全然、存分にサボって来てOKねー。一回3時間だけど、15時〜みたいな感じ?

どうやら午後も利用できるようです。



しまいには代表の田中も堂々とサボっています。

これは弊社独特の福利厚生である「サボり制度」取得時の一コマです。サボり制度とは月6時間まで利用できる制度で、取得方法はチャットで「私はこの日の○時からサボります!」と宣言するだけのものです。

何故このようなサボり制度を作ったのか、田中に聞いてみました。



Q,何故こんな制度を作ったんですか?

人は、サボります。
絶対、サボります。

俺は、私は、サボったことなど無いよ!と反論、異論をいう方もいるかもしれませんが、
その人も、絶対サボっています。

会社を抜け出してサボっていなくても、
デスクワーク中に、ボーとして、全然生産性の無い時間を過ごす、
こんなことは誰にでも120%あることです。

少し集中力が切れてきたなー
昼過ぎて眠いなー
と思っていても、
「ちょっとリフレッシュするために、お茶して、パンケーキ食べてきます!」
「最近、肩こりがあるんで、マッサージうけてきます!」
と言える会社は、どこにあるでしょうか?
どこにもないです。

人はずっと働けるようにはできていないし、たまにはサボりたくなる時、生産性が上がらない時が必ずあります。
だったら堂々と申請して堂々とサボってリフレッシュしてもらおうと思ってこの制度を作りました。

コッソリサボると、人は、罪悪感しか生まれません。
タクセルの仲間には罪悪感を持ちながら働いて欲しく無い。
そんな想いから、サボり制度を作りました。

Q,悪用されるかも…と不安になったりしないんですか?

全くしない。人が企業で働きづらくなるのは、やはり罪悪感が生まれてから、何となく誤魔化そうとしてしまったりすることにあると考えている。堂々と申請して堂々とサボる。これでもタクセルの生産性は制度導入前と比べて全く変わっていない。

人間なんだからどうしてもモチベーションが上がらない時もある。自分にだってそんな時がある。そんな時はサボリ制度を利用してリフレッシュしてから働き出して欲しい。

その他にもタクセルには、ユニークな制度がいくつかありますので、そのうちまたご紹介しますね!

・リモート採用制度(都内でなく地方でもリモート社員として採用。実際、既に何名かリモート社員がいます)
・サボり手当(堂々と申請してサボりましょう!)
・当日有給制度 (多くの会社で有休は1週間前申請のルール付け。子どもの急な発熱など当日しか分からないことも多いのでタクセルは当日でも有休申請OK)
・ジム手当(月5000円まで)
・知識手当(書籍・セミナー代・会食代支給)
・ファーストネーム制度(苗字で呼ばれたい人はNG)
・オリジナル自己紹介制度(フレームワークをタクセルが用意します。履歴書や職務経歴書では把握できないあなたのことを教えてください。)
・独立支援制度(3~5年後の独立を視野に入れて)
・出戻り制度(いつでも職場復帰してください)
・転職支援制度(代表自ら推薦文を書きます)
・誕生日・命日手当(本人、本人の家族・従業員のご両親へ感謝の言葉を手紙で書くことが条件です)

タクセルでは、現在あらゆるポジションで募集があります。セールス、インサイドセールススタッフ、コンサルタント、マーケティング、MAプランナー、プログラマー、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、大募集しています。IPOを目指している、IPOを目指すようなチャレンジングな企業で働きたいと思ったあなた、一度オフィスに遊びに来ませんか。いつでもお待ちしています。

タクセル株式会社
代表取締役 田中亮大
<事業内容>
MA(マーケティングオートメーション)ツール「KAIGAN」開発、運用
・MAツール運用代行
・インサイドセールス導入支援
・リモートワーク、地方創生、働き方改革普及活動

大切なものを大切にできる働き方を
一緒に広めませんか?

タクセル株式会社では共に働く仲間を絶賛募集中です!下記よりお気軽にご応募ください。

タクセル株式会社 採用情報

“日本で唯一?月6時間までサボり可能な制度を導入しました!” への2件の返信

コメントは受け付けていません。