【満員御礼につき募集終了】第2弾!シリーズAで約8.4億円の資金調達を成功させた2社パネルディスカッション

【満員御礼につき募集終了】3月13日(水)18時~@六本木 シリーズAで約8.4億円の資金調達を成功させた2社パネルディスカッションを開催します。

起業して一番の壁は資金調達。
エンジェル(個人投資家)ラウンド、シードラウンド、シリーズAラウンドと そのラウンド毎に額も難易度も高まります。
スタートアップ企業のうち97%は失敗に終わるとも言われる中、 起業後にシードからシリーズAと資金調達を成功させるのは大袈裟でなく決して楽ではありません。

今回、シリーズAで億単位の調達を実行し、IPOに向けて準備中の2社
◆Marketing-Robotics(マーケロボ)社:シリーズAで約5.4億円
◆リフカム社:シリーズAで約2億円 の両社の社長によるパネルディスカッションを行います。

ことの発端は、
当社マーケロボのシリーズAでの資金調達を成功させた事業計画書を Facebookで公開したことに起因します。 1週間であっという間に、シェア数は4000件を超え、 資料ダウンロード者は、6000名を超えました。
詳細は、下記
「億単位で資金調達したスタートアップ企業の事業計画書が無料で見れるグループ」 をご参照ください。
https://www.facebook.com/groups/235476770733768//

当日は、リアルな場、クローズドな場でしかお話しできないオフレコ話、 スタートアップ経営の表と裏も含め、多くの起業家に役立つ内容になると思います。
起業したいと思っている
起業したてでスケールを望んでいる
起業家を支援している(VC、コンサルなど) と言った方々には、有意義な時間をお約束します。 ぜひ、ご参加ください。

プログラム

18:00-18:10:受付
18:10-18:40:リフカム社 シリーズAで実施した事業プレゼン
18:40-19:10:マーケロボ社 シリーズAで実施した事業プレゼン
19:10-19:30:質疑応答 / パネルディスカッシン
19:30-19:45:ネットワーキング / 名刺交換

登壇者

株式会社リフカム
代表取締役

清水 巧

明治大学経営学部卒業。Sansan株式会社に新卒入社し、個人向け名刺管理アプリ「Eight」、法人向け名刺管理サービス「Sansan」の立ち上げに従事。 2014年1月に、株式会社リフカムを設立。ベンチャー企業の創業メンバー獲得に特化した採用サービス事業を立ち上げるが、撤退。事業転換を経て、リファラル採用を活性化するクラウドサービス「Refcome」をスタート。累計5億円以上の資金調達を実施し、500社以上のリファラル採用の立ち上げ支援を行う。 2018年、Forbesによる「アジアを代表する30才未満の30人」に、 エンタープライズ・テクノロジー部門で選出。

Marketing-Robotics株式会社
代表取締役

田中 亮大

2008年大学卒業後、外資系製薬会社に入社。その後、複数社のITベンチャー企業創業/経営に関わる。日本最大の経営者動画メディアの営業統括や、営業用ウェブ会議システム(SaaS)の販売会社社長など。2016年にMarketing-Robotics社(旧タクセル社)を設立し、インサイドセールスBPO事業、CRM・MA導入コンサルティングを行い、現在は、自社MAツールKAIGANを開発し運用している。

詳細

開催日 2019年3月13日(水)18:00-19:50 @WeWork六本木アークヒルズサウス
開催場所 WeWork六本木アークヒルズサウス
〒106-0032 東京都港区六本木 1-4-5
アークヒルズサウスタワー 16 階
参加費 5千円(税込)
お支払はクレジット決済となります。申込後に別途ご案内いたします。
当日、領収書をお渡しいたします。
定員 40名
電話番号 03-4405-6609(代表電話) 080-9683-6083(当日緊急用)
備考 スケジュール内容等、予告なく変更が生じる場合がございます。
登壇企業の直接の競合企業のご参加はお断りすることもございます。
定員を超えた場合、先着順となります。
後日、セミナー内容は編集後映像でご案内予定です。