タクセルのいいところは社員全員が使える「サボり制度?」

あなたにとっての”大切なものを大切にできる働き方を”
タクセルメンバーに”大切なもの”を聞いちゃおうシリーズ Vol.005

コーポレートスタッフ 對馬 加純(つしま かすみ)

私が大切にしたいと思っていることは、家族過ごすことと、好きなアイドルを見に行ったり会いに行ったりする時間がもっとも大切です。中高時代部活3つ掛け持ちで所属するなど、好奇心と行動力が旺盛です。大学時代英語研究会で総務を経験し、人をサポートする仕事に興味を持ちました。2018年5月10日よりタクセルに入社です。

働く上で、一番大切なことに気付かされた前職

Q.なぜ前職を退職したのですか?

對馬ズバリ、人間関係です。自分が職場に馴染めなかったことと、会社の方針が変わったことが大きいです。総務が本来やらなくてもいいようなことまで任されるようになり、パフォーマンスが発揮できるような会社ではなくなりました。

そんな日が続くようになり、途中から「目が死んでる」と周囲の人に指摘されるようになりました。こうして前会社にいる意味は無いなと思って退職を決意しました。私にとって働く上で大切なことはどれだけいい人に囲まれていかに伸び伸びと自分の力が発揮できるのか、ということでした。

Q.その中でなぜタクセルを選んだのか?

對馬元々スタートアップは面白そうだと思っていて、複数社受けており、内定もいくつかいただいたことのですが、自分の条件と一番マッチしていたのがタクセルでした。一番興味を引いたのは、「サボり制度」です。タクセルには当日急にサボってもいいと言う素晴らしい制度があるのですが、最初はここにしか目が行きませんでした(笑)「KAIGAN」というMA(マーケティングオートメーション)ツールを開発している企業だということは後で知りました(笑)

どんどん調べていくうちに、リモートワークの導入や、もっとも人が疲弊してしまう、気合いと根性の営業を無くそうとしている部分に興味を惹かれました。弊社のビジョンである「大切なことを大切にできる働き方を、誰でも」を本気でやろうとしているところですね。

本当にこんな制度が使えるのか!?またよくある制度はあっても取得できないものだと思ったのですが、ごく自然に取得ができました。申請の前日から弟の家族が遊びに来ていて、お昼頃に帰ると言うことだったので、弟家族とゆっくり過ごすために使用しました。まったりできていいです(笑)

タクセルの社員は雰囲気が良い方が多いです。非常に忙しい会社ですが、周囲に当たるような社員はいません。みなさん自分の任されている仕事に集中しています。

それと、タクセルの社員さんはよく笑う人が多いです。こんな人たちが揃っているので在籍するだけで幸せになれそうです(笑)

タクセルの人たちに伸び伸びと働いてほしい

對馬私の業務はバックオフィス全般です。備品管理・発注、契約書の作成、処理などいわゆる総務のポジションです。今は一人で総務を見ています。この業務を通じて煩雑な事務作業を私が見て、伸び伸び働いてもらえるように貢献していきたいと思っています。

今後の夢は老後をパリで過ごすことです。昔からパリが好きで、何度も足を運んでいます。街の雰囲気と、街も自然も美しい物に溢れているところが気に入っています。特にエッフェル塔がお気に入りで、エッフェル塔の近くに住みたいなと思っています。

タクセルでは、現在あらゆるポジションで募集があります。セールス、インサイドセールス、コンサルタント、マーケティング、MAプランナー、プログラマー、エンジニア、デザイナー、バックオフィスなど、大募集しています。

この記事を読んで少しでもタクセルに興味を持った方、一度オフィスに遊びに来ませんか。いつでもお待ちしています。

大切なものを大切にできる働き方を
一緒に広めませんか?

タクセル株式会社では共に働く仲間を絶賛募集中です!下記よりお気軽にご応募ください。

タクセル株式会社 採用情報