19歳女子大生が大手企業ではなくドベンチャータクセルでインターンを始めた理由

あなたにとっての”大切なものを大切にできる働き方を”
タクセルメンバーに”大切なもの”を聞いちゃおうシリーズ Vol.003

タクセル株式会社 インターン 古屋美貴

慶應義塾大学在学中

初めまして!インターンの古屋 美貴(ふるや みき)です!

古屋 大学では、「雨の日、学校に行きたくなる会」を主催しています。どんな会なのか説明すると、学校に行くのが「当たり前」とされてて、こんなに頑張って毎日電車耐えてるのに友達いないし、誰にも褒めてもらえない、学校行くのやめよってなるのを防止する会です。

実際の活動としては雨の日に水溜りで遊ぶとか学校に来ただけでみんなに褒めてもらえるような活動を考えてて、LINE@では「帰りたい」「学校いきたくない」などの書き込みに自動応答でひたすら励ますっていうことをしています。

今は毎日学校に行くごとにログインボーナスを付けるシステムを作ってて、ゆくゆくは企業とコラボしてログインボーナス溜まったらプレゼントとか珈琲半額とかができたらいいなーって妄想してます。

さて、話を戻し、私がなぜタクセルをインターン先に選んだのかをお話しします。結論から言うと、人生はプライベートを優先するか仕事を優先するか、二択だけではないはず。私はどちらも大切にしたいと思っていて、タクセルならその生き方を学べると思ったからです。

将来が不安だったから、まわりより早くインターンを始めたかった

インターンと言うものは多くは3年生からスタートするものなので、2年生の春にインターンしてるのは周囲よりちょっと早いです。まだ就活の情報もまわってきてないし、同級生はみんなサークルしてます。何故私がインターンを始めたかと言うと、単に将来が不安だったから。

私は同級生たちよりも出来ることが少ないんです。例えば夜寝て朝起きる、毎日同じ電車にのる、授業に出る、時間に間に合うなどとても苦手です。社会人に必要な能力が足りない自覚はあるし自分でも直そうとしていますが、直らなくて。(甘えだと言われればそうなのかもしれませんが)

だから、今はせめてそれでも需要がある人間になろうと思いプログラミングやAdobeを齧ったり作品作ってみたりしています。そんなわけで、スキルアップと並行して早めに社会勉強をして自分にあう働き方を模索しようと思い、インターンを探し始めました。

嫌なことをするより好きなことをして生きていきたい!

人よりできることが少ないからには、人よりできることを伸ばさなきゃ生きていけないだろう、、ということで、まず自分の好きなことを考えてみました。 作品をつくったりデザインしたりするのが好きなのでそういった想像力、物語を書いたりするので文章力、面白いことを見つけて動くフットワークの軽さ、などかな、と思いました。それらを活かしてお仕事できたらいいなーと想像しました。

次に、どうやって働こうか考えました。働き方..といっても、自分に働き方の選択肢なんて2択しか知りませんでした。

①仕事優先型:大手企業に入ってバリバリ働きスキルアップ、家庭の時間は取れない。
②家庭優先型:家庭に専念し、仕事はしないかパート程度。

どちらを選んでも失うものがあります。

大人たちは、「勉強して良い学校行って良い会社入って良い人と結婚して子供産むのが幸せだ」と言います。私は勉強して良い学校に行くまでは大人の言う通りこなしました。

でも、次を考えると、良い会社に入って良い人と結婚して子供を産むのって両立可能なのか、そもそもそれが幸せなのかわからなくなってきて、「自分がどう生きたいか」を構想するようになりました。

仕事や家庭、大切なものを諦めざるをえなくてもやもやしている人、タクセルに遊びに来ませんか?
〜古屋美貴の人生設計〜

22歳 卒業&就職

私のことを受け入れてくれて成長させてくれて、私が誰かの役に立てて、将来家族を養えるだけのお給料をくれる会社があったら嬉しい。

27歳程度 結婚(できたら。)
30歳程度 出産(できたら。。)

このあたりからたった10年後のことなのに、、曖昧になってきました。大学の先輩がいるような大企業だと忙しそうだし上下関係厳しそうだし既に決められた効率悪そうな規律に従わなきゃいけないみたいで、プライベートなんて言っていられなそうです。

私にはそんな環境の中で子育てできるほど精神力も体力もないです。そしてそんな中で40年も命を削りたくありません。かといって、せっかく勉強して大学入ったのに結婚したからって誰でもできるパートになるのも、これまでの努力がもったいような気がしてしまう。。矛盾。という壁に当たりました。(社会人の皆さんからしたらそんなこと言ってるうちは甘いと思われると思いますが)

私は社会人の素質はないけれど仕事はしたいし家庭も持ちたいし子育てもしたい。

自分の好きな文章とか想像力を活かしてお仕事してお給料もらって家庭を守る、、というみんな持っているであろう理想の大人像。そんな欲張りはやっぱり無理なのかな、、と諦めかけてスマホで就活情報を眺める日々でした。そんな中、見つけたのがタクセル株式会社のインターン募集です。

タクセルでは、リモートワークを推進しているから自宅で仕事ができるので家庭も充実できるし、社長が可愛い息子さんをオフィスに連れてきてるくらい子育てにも理解があります。

しかも、しがない学生の私のスキルアップも応援してくれて、自分の伸ばしたい「文章力」「コミュニケーション力」を伸ばしてくれそう。私の課題「社会人の素質がない」をカバーできるくらい成長できるかも?!と思い、即応募しました。

能力が高いのに成長の機会を逃している女性は多いと思います。家庭か仕事かなんて旧態的な二択に縛られるの、もったいないです。もし、仕事や家庭、大切なものを諦めざるをえなくてもやもやしている部分があるのなら、一度タクセル遊びに来ませんか?

私はライターのインターンをしていますが、現在あらゆるポジションで募集があります。セールス、コンサルタント、マーケティング、MAプランナー、プログラマー、エンジニア、デザイナー、バックオフィス。もちろん学生ライターも大募集しています。

学生のみなさん、ぜひ私と一緒に仕事も家庭も、大切なものを諦めなくて良いスキル、考え方を身につけましょう。

大切なものを大切にできる働き方を
一緒に広めませんか?

タクセル株式会社では共に働く仲間を絶賛募集中です!下記よりお気軽にご応募ください。

タクセル株式会社 採用情報